車 狛江 お好み焼きダイニング「つきや」

ようこそお好み焼き「つきや」のブログへ!
左側のコンテンツからお好みの情報をクリックして下さい。
tukiya3.gif

更新履歴
10月16日 車カテゴリ更新
10月16日 つきや日記更新
10月15日 CM更新
10月15日 つきや日記更新
10月11日 つきや日記番外編更新
10月11日 つきや日記更新

トヨタ、「iQ(アイキュー)」投入へ!新たなカテゴリーの新型車!?

トヨタが新しい小型車「iQ(アイキュー)」を11月20日に国内で発売すると発表しましたね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000244-reu-bus_all


最近は、新車が発表されても冷めた目線でしか見れない私ですが、このトヨタ「iQ(アイキュー)」には、いろいろな意味で興味を惹かれてしまいました。


注目すべきは、軽自動車よりも小さい普通自動車ということでしょうか!?


トヨタ「iQ(アイキュー)」の詳しい情報は、URLで確認して頂ければと思いますが、果たしてこの手の車が、どれほどの規模のカテゴリを形成するのでしょうか?


軽自動車よりも小さい普通自動車といえば、メルセデス・ベンツとスウォッチで作った新ブランド「スマート」が代表的ですよね。


都内では「スマート」が走っているのをたまに見かけますが、あまりユーザーが多いという印象は受けませんね。


最近では、「スマート」の軽自動車のほうをよく見かけるようになりました。


ということは・・・


トヨタも「iQ(アイキュー)」で新カテゴリの形成など狙わずに、素直にダイハツから新型軽自動車でも発売したらいいのに・・・と素人ながらに思ってしまったのですが(笑)


ええーっと。
トヨタ「iQ(アイキュー)」をあくまで「スマート」と同類の車と考えていますが、ホントの中身はどうなっているのでしょうかね。


トヨタ「iQ(アイキュー)」の発売が楽しみではあります。


トヨタは、「iQ(アイキュー)」を新しい小型車といって期待を寄せていますが、実際のところ、この車を望むユーザー層ってどれくらいいるのでしょうか!?


室内が狭く、長距離の移動には適していない、さらにパワーも小さい・・・


極端な言い方をしたら、人数の乗れる「原付バイク」といった感覚ですかね。


つまり、仕様用途の範囲が極端に狭いわけです
さらに言えば、車としてのメリットが少ないのではないかという疑問があるんです。


トヨタには、「ヴィッツ」という優秀な小型車があるわけで、小型車の市場をこれ以上開拓する必要があったのですかねー・・・


まあ、あくまでトヨタ「iQ(アイキュー)」は新しいカテゴリと位置づけていますから、この車をほしがるユーザー層とヴィッツをほしがるユーザー層とは違うと思いますが。


しかし、ガソリン代の高騰や環境に対する配慮から、世の中では車離れが加速しています。


その中で、ファッション的な感覚で乗れる車の必要性を感じないのは私だけでしょうか!?


どうにも、このトヨタ「iQ(アイキュー)」のコンセプトは理解しがたいですね。


トヨタ「iQ(アイキュー)」の価格は140万円からだそうで、この価格設定にも疑問です・・・


どうせなら、もっと安くしてほしかったなというのが本音ですね。


まあ、まだ販売すら始まってない状態で否定的な意見を言ってもしょうがないですね。


トヨタ「iQ(アイキュー)」がどれくらい新カテゴリの形成に成功するのか!?


私にとっては、そこが注目の的になりそうです。



| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日産GT-R対ポルシェ911ターボ! 「スポーツカーの勢力図が変わる日」

日産GT−Rポルシェ911ターボの場外バトルが繰り広げられているとう記事を目にしました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000028-rps-ind


元レーサーで外車屋勤務の経験がある私にとっては、非常に興味のあるネタですね。


記事の内容はURLで確認して頂くとして、日産GT−Rのタイムが本当に市販車ベースの結果であれば、これはスポーツカーを作る自動車メーカーの勢力図が大きく変わることになりますね。


ポルシェ911ターボといえば、街でも気軽に乗れる最強のスポーツカーというイメージを持っているのですが、そのポルシェ911ターボのタイムを軽く抜き去ってしまった日産GT−Rって・・・


はっきり言いまして、事件ですよ!!


確かに、日産GT−Rポルシェ911ターボも気軽に乗れる街乗り可能なスポーツカーであることには間違いありません。


しかし、今までの日産GT−RのR33やR32、そしてポルシェ911ターボの996や993といった車には圧倒的な「差」があったと感じます。


どういった「差」かというと、はっきり言ってポルシェ911ターボのほうが完成度が高く、誰が乗っても速いということにおいてですね。


まあ、国産車は180キロでスピードリミッターが効いてしまいますのでリミッターのない外国車に勝てるわけがないのですが・・・


ということは、今回のGT−Rはリミッターがないということなのでしょうか!?


それとも、ニュルのコースでは180キロ以上のスピードで走行できるストレートがないということなのでしょうか!?


上記のいづれかに、日産GT−Rが該当しない限り、いくら日産GT−Rの完成度が高くてもポルシェ911ターボに勝てるわけがないと思うのですが・・・


もし本当に日本の市販車ベースで日産GT−Rポルシェ911ターボに勝ったのであれば、日産GT−Rの性能はポルシェ911ターボの性能を遙かに凌ぐことになりますね。


今まで、日本の自動車メーカーが作るスポーツカーは、外車に比べて軽視されてきた傾向がありますので、喜ばしいニュースではありますが・・・


実際に日産GT−Rを運転していないので、比べることが出来ないのが残念です。


それにしても、たった数年の間に日産GT−Rポルシェ911ターボを越える車になっていたなんてホントビックリですよ。


「ベストモータリング」というビデオも私は取材現場にお邪魔したことがあるのですが、インチキはない媒体だと思いますし・・・


ポルシェ側が抗議したい気持ちは分かるのですが、車をドライブする人間によってもタイムは変わってきますし、今回はひとまず日産GT−Rに「勝ち」を譲っても良いのではないでしょうか。


まあ、ポルシェファンの私からすると、ポルシェ最強論が崩れたようで非常に悔しいのですけど。


「スポーツカーの勢力図に変化が起きている」ということですね。


こういった結果が出た以上、ポルシェとしては「負け」を認めるわけにはいきませんよね。


市販車ベースで最強を譲るわけにはいかないポルシェですので、これからの開発競争も楽しみになってきました。


まあ、ユーザーの立場から言えば、どちらが勝ってもいいので、もう少し手の届く範囲内の価格競争も激しくしてもらいたいと思ってしまいます(笑)


エコカーの開発競争も興味がありますが、やはり車のオールドファンからすると、このようなニュースは心が躍らされるものがありますね。


さらなる続報が楽しみです♪


それでは・・・







| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルシェ・パナメーラ ポルシェ初の4ドアスポーツクーペ登場!

車の話題があると、すぐに目がいってしまいますね。
しかも、その車が「ポルシェ」となれば尚更です!!


実は私・・・
大学生時代にポルシェで通学していた経験があるんですよ。


当時、私が乗っていたのは「ポルシェ944」というポルシェという名前がついたそこそこ安い中古車でしたが(笑)


それでも、当時の私にとっては自慢の車でしたね。
大学構内に入ると、他の学生からの視線が集まってましたし。


今となってはいい思い出ですねー!


まあ、その後、私は外車屋さんで働くことになりポルシェ911ポルシェ911ターボカイエンをドライブすることになり、ポルシェ944がいかに本物のポルシェから遠かったか・・・を知ることになるのですが。


まあ、そんな思い出話はここらへんにしておいてですね。


ポルシェが「パナメーラ」という、ポルシェ初の4ドアスポーツクーペのティーザーキャンペーンを開始しましたね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080916-00000011-rps-ind


ポルシェ・パナメーラのデザインは、まだ発表されていませんが、輪郭みたいなものはニュース記事で確認できますよ!


まあポルシェ・パナメーラを想像するにポルシェの顔をした4ドアクーペっていうか、カレラが4ドアになったような感じですかね!?


ポルシェのデザインって、どの車もフロントマスクに大差がないので、ポルシェ・パナメーラもびっくりするようなデザインではないような気がします。


最近のポルシェって、カイエンケイマンといったニューコンセプトカーの発表が増えていますが、私としてはちょっと「?」ですね。


特にポルシェ初のSUV「カイエン」の発表の時は、正直ショックでしたから。


ポルシェって、スパルタンなスポーツカーのイメージが強かったので、ファミリーユースの車を作るとは思わなかったのです。


まあ、これも時代の流れでしょうかね?


ポルシェもスポーツカー以外のラインアップを増やさなければ、生き残ることが難しくなっているのでしょうか・・・
(正確にいえば、どれもスポーツカーですが・・・)


ああ、誤解のないように言っておきますが、カイエンが出来の悪い車だと言っているわけではありませんよ!


カイエンは、おそらくレンジローバーやベンツ・ゲレンデをも凌ぐ最強のSUVだと思っていますから。


ただ単純に、ポルシェがストイックにスポーツカーだけを作る車メーカーではなくなったということに対して少々戸惑っているだけですので。


なので、「ポルシェ・パナメーラ」の発表に関しても、正直そこまで乗ってみたいという欲望が湧かないわけでして・・・


ああ、でも興味はありますよ!!
どんなデザインになるのか?とか、スペックとか、価格とかね。


私の場合、仕事の関係で「ポルシェ・パナメーラ」をドライブする機会があると思いますので、来年以降で機会があれば試乗記でも書いてみようと思います。


うーーーん。
それにしても、ポルシェも来るところまで来ましたね。


そのうち、この「ポルシェ・パナメーラ」には、ステーションワゴンタイプも追加されるような気がするのは私だけでしょうか?


ちなみに、私が今までドライブしたポルシェで一番衝撃を受けたのは、993RSでした!!


今回の話題とは関係ありませんが・・・


それでは。


| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディーゼル車の印象が変わる日が来る? 日産、次世代ディーゼル車投入

元レーサーなので、車には、ちょっとうるさいんです!
お好み焼き屋のブログの割には、社会的でいいでしょ(笑)!?


今回注目したニュースはこちらです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080904-00000963-san-soci


以前にも申し上げましたが、実は私、過去に外車屋さんで働いていた経験があるものでして・・・


当時、メルセデス・ベンツのEクラス・E320CDIというディーゼルエンジンの車を運転したことがあります。


その時の印象は、かなり強烈で、静かなエンジン音といい、優れた燃費性能といい、パワフルな走行性能といい、それまでのディーゼル車の常識を覆す乗り心地でした


環境対策に適応したディーゼル車が、日本にもあれば・・・なんて思っていましたが、ついにその日が決定したんですね!!


日本ではディーゼル車というと、エンジン音がうるさく、振動もガタガタと伝わってくるし、さらにパワーがないという印象をお持ちではないでしょうか?


メリットといえば、燃費がいいこととエンジンの耐久性に優れている点でしょうかね。


しかし!!
現在のディーゼル車って、全く別物なんですよ。


ヨーロッパでは、ハイブリッド車よりも次世代ディーゼル車のほうがエコカーとして主流なんです。


次世代ディーゼル車を説明すると、今までのディーゼル車のメリットを保ったまま、デメリットをガソリン車並の性能にした・・・そんな説明になるでしょうか。


とにかく、この次世代ディーゼル車が国産車で登場するというのは、自動車業界にとっては、かなり大きいニュースなわけです。


ところが・・・
問題もいくつかあるわけです。


まずひとつ、ユーザーが次世代ディーゼルに対して、どれだけ理解できるか?です


先に申し上げたとおり、日本でのディーゼル車の印象は、決していいものではないということ。


この悪印象を日産がどれだけ、好印象に変えることが出来るのか?


国産次世代ディーゼル車を初めて販売する日産には、日本のユーザーに次世代ディーゼル車の良さをどれだけ浸透させることができるのでしょうか


いや、今までのディーゼル車の印象を好印象に変えなくてはならない義務があると思うのです。


ただでさえ、ガソリン代の高騰や自動車販売数の低下でユーザーの車離れが進み、自動車業界は下火状態なわけですから、ユーザーの意識改革をするのは容易なことではないはず。


日産が、どのような手段でユーザーの意識改革を進めていくのか?
要・注目となります。


そして、問題点はもうひとつ。
何故、前倒ししてまでも現段階で販売するのか?です。


先ほども少し触れましたが、自動車販売数は減少の一途をたどっているわけです。


自動車に対する関心が薄い時期に、わざわざ前倒ししてまで次世代ディーゼル車を販売する必要性を感じないのです。


日本には、ハイブリッド車というエコカーがあります。
ご存知のとおり、トヨタは「プリウス」を大ヒットさせました。


今や、日本のユーザーは、エコカーといえばハイブリッド車を連想する人が多いはずなんです。


ハイブリッド車と次世代ディーゼルは、どちらのほうがお得なのか?
強いていうなら、燃料代がディーゼル車のほうが安いということですが。


現段階で、日産の次世代ディーゼル車が販売さえしていないので、結果は分かりませんが、ハイブリッド車と明確な違いを日産がどう打ち出すのかにも注目ですね


外車ではすでに、プジョーのディーゼル車も日本で走っていますが、これもなかなか上出来の車だと思います。


次世代デディーゼル」車の時代が日本にも来るのか!?
日産以外にも次々と他のメーカーが開発を進めているようですが、国内初ということで日産には、次世代ディーゼルのメリットを明確に示して欲しいと思います。


地方都市では車は必需品です。
ユーザーが喜べる車であれば、大歓迎です。


私は、日産の次世代ディーゼル車には期待をしています。
エクストレイルで次世代ディーゼルエンジンを搭載するようですが、機会があれば運転してみようと思っています。


その時のレポートもいずれしますね。


こうやって、自動車業界が発展していくのは、車好きの私にとっては非常に喜ばしいことです


これからも、環境に優しく、ユーザーに優しい車の開発を期待したいと思います。


それでは。






| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国産車のクオリティ トヨタ、マスメディア広告費カットについて

お好み焼き屋の店員ながら元レーサーという肩書きをもつ私にとって自動車関係の話題は、どうしても目がいってしまいます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000227-jij-bus_all


国内最大手の自動車メーカーである「トヨタ」が広告費をカットするということは、自動車業界は今、相当な山場を迎えようとしているはずです。


原油高の影響でガソリン代が値上がりし、自動車ユーザーが減っている一方で、車の原料となる「金属」の値上がりも激しく、需要と供給のバランスが大きく崩れています。


自動車ユーザーも自動車メーカーも双方が苦しい思いをしているわけです。


車が大好き!運転が大好き!な私にとっては、とても複雑な思いでなりません。


さて、トヨタの広告費カットというニュースについて、私が着目した点ですが・・・


それは、国内自動車メーカーのクオリティということです。


これが、広告費カットとどういう関係があるのかは、追って説明していこうと思っています。


つい先日、メルセデス・ベンツの事故について記事を書きました。
読んでいる方の中には、外車のクオリティは国産車のよりも上という印象を持たれた方もいらっしゃることでしょう。


確かに外車のクオリティは、一部車種に限っては国産車の量産型の車に比べると高いかもしれません。


しかし!!
国産車だって負けていません。



特に、仮に国内(日本)でしか乗らないということを考慮するのであれば、日本車のクオリティは世界一です。


高級外車屋で5年以上働いていた経験を持つ私は、今でも、外車を欲しがるお客様にこの話をするんですね。


どこが世界一なのか?
はっきり言えるのは、「耐久性」です。


とにかく故障が少ない。
イタリア・イギリス・フランス・アメリカの車と比べると雲泥の差です。


そして、自動車の本場・ドイツの車と比べても、やはり故障は少ないといえます


最近のドイツ車は、日本の気候に合わせて一部パーツを改良していますので、そこまで故障で泣くことは減りましたが、それでもやはり国産車に比べるとばだまだ故障の頻度が多いといえます。


日本車の耐久性は異常なんですよ!
だから、インドやパキスタン等の自動車ディーラーさんが、わざわざ日本の中古車を買い付けに来ているんですね。


日本の車のクオリティは、それだけ世界から評価されているということが分かり頂けましたでしょうか?


では、世界一のクオリティの持つ日本車と、トヨタの広告費カットがどういう関係があるのか?ですが・・・


世界的な不景気が続く中で、自動車販売の利益は減少するでしょうし、広告費のカットによりメディアへの露出が減り知名度は多少おちるかもしれません。


しかし!!


「日本車は、安価でクオリティが高い!」という認知が、今よりも増すのではないかと予想するわけです。


今や、車は生活に欠かせない必需品となっています。
交通の機関が発達していない地域ではなおさらのことでしょう。


車はなくてはならない必需品なわけです。


その車の広告が減るということは、今よりも情報が少なくなる分、車を欲しがるユーザーは、車のイメージではなく「質」という情報を欲しがるはずです


デザインよりも機能・価格・質重視。


広告費カットにより車CMの露出が減り、ユーザーの目が、今よりもさらに厳しくなる中で、日本車の良さが見直されるのではないか?という期待を私は持っています。


広告費カットと聞くと、どちらかといえば不景気の象徴でマイナスイメージしか湧きませんが、国内自動車メーカーにはむしろ追い風が吹くのではないか・・・


甘い期待だとは思いますがね。


トヨタをはじめ、国内自動車メーカーさんには、さらにクオリティの高い自動車作りを期待しています!!

| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルセデス・ベンツ 車は扱う人間によって性格が変わる

元レーサーの私にとっては、黙っていられない事件が起きてしまいました。バッド(下向き矢印)


メルセデス・ベンツのディーラーで試乗事故が起きたというもの。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000093-san-soci&kz=soci


事件の詳細はURLで確認して頂きたいのですが、この事件に関してちょっと言いたいことがありまして・・・


まず、メルセデス・ベンツのディーラーの販売員についてですが、確かに試乗前に「この車は、速いですよ!」とか、「法定速度は守って下さい。」等の助言は必要だったかもしれません。


しかし、50キロ制限の道路で150キロものスピードを出すのは、明らかにドライバーの故意によるものではないでしょうか?


書類送検されたメルセデス・ベンツの社員に、同情してしまうのは私だけではないはず・・・exclamation&question


まあ、私は外車ディーラーに友人が多く、この品川のメルセデス・ベンツのディーラーにも過去に何度もお邪魔しているだけに、余計に社員に同情してしまうのですが。むかっ(怒り)


それと、試乗で事故を起こしてしまったドライバーに関してですが、メルセデス・ベンツに代表されるドイツの高級ブランド自動車メーカーの車は、特に以下のような傾向が強いということを知っておくといいかも知れない・・・


☆車の完成度が非常に高く、スピードを出しても恐怖感を感じることがない。

読んで字のごとくですが、ドイツに代表される欧州車って、本当にデキが良いのですよ。スピードを出していることをドライバーに感じさせない。
運転しているとすぐにわかるのですが、安定感が国産車とは比べ物にならないくらい良いんです!
もしかしたら、運転してたドライバーは80キロくらいの感覚で運転していたかも!?


☆スピードはエンジン性能が許す限り無限

外国車は、エンジンの力を出し切るまで、スピードに制限がある車が少ないです。国産車は、日本のメーカーの自主規制で180キロに制限されています。
国産車の場合、改造車でもない限り超高速での事故は防がれています。


と、まあ、あまり事件には関係ないのですが、特に違いの大きい2点をあげてみました。


そして、今回のメルセデス・ベンツによる試乗事故ですが・・・
はっきり言いまして、ドライバーのモラルが低すぎます。


前方の車を追い越そうとした時点で、もし助手席の販売店の男性がスピードについてのアドバイスをしたとしても、この事故は防げなかったのではないかと思うのです。exclamation×2


当時、現場でどういう経緯で事故に到ったのは分かりませんが、試乗した男性の運転には疑問を感じてなりません。たらーっ(汗)


まあ、このニュースを見て、メルセデス・ベンツそのものの安全性能に疑問を抱く人はいないとは思いますが、極めて安全性の高いメルセデス・ベンツでこのような事故が起きたことを、本当に残念に思います。


それにしても・・・


警察の「ベンツは排気量が大きく、スピードが出やすい車種だった。同署は試乗の際に適切な走行方法を指導すべきだった」いう判断には、いささか疑問を感じますね・・・


国産の排気量が大きい車でも結果は変わらなかったと思うのですが。


もし、メルセデス・ベンツの店員に非があるとすれば、交通法規の徹底を試乗したドライバーに伝えていなかったことだと思いますよ。


うーーーん。
悲惨な事故ですよね。


車は走る凶器になるということは、誰もが知っている事実。
運転するドライバーは、それをもっと認識すべしです!!


特に・・・
深夜のタクシードライバーさん!!
気をつけて運転して下さいね。


皆さんも運転するときは、状況に応じた安全運転をしましょうね。
私も仕事で運転しますので、十分気を付けたいと思います。


| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。