格闘技 狛江 お好み焼きダイニング「つきや」

ようこそお好み焼き「つきや」のブログへ!
左側のコンテンツからお好みの情報をクリックして下さい。
tukiya3.gif

更新履歴
10月16日 車カテゴリ更新
10月16日 つきや日記更新
10月15日 CM更新
10月15日 つきや日記更新
10月11日 つきや日記番外編更新
10月11日 つきや日記更新

K-1ワールドMAX、魔裟斗V! 判定の賛否について

魔裟斗選手が優勝しましたね!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081002-00000013-dal-fight


私は仕事で帰宅してからのビデオ観戦になりましたが・・・
さらに、特に誰のファンでもないのですが格闘技は好きでして(笑)


外国人勢の活躍が目立つK−1において、軽量級とはいえK-1ワールドMAXで日本人の魔裟斗選手が優勝したことは、本当に嬉しい限りです。


しかし!


優勝したとはいえ、今大会における魔裟斗選手の勝利は、本当に「僅差」が多かったですね。


準決勝の佐藤嘉洋選手戦も決勝のアルトゥール・キシェンコ選手戦も、魔裟斗選手は一度ダウンをしながらの勝利でしたから。


それでも優勝したことには変わりないわけで、素直に魔裟斗選手のK-1ワールドMAXでの優勝を祝福する声が多いのかと思いきや・・・


やはりあるんですよね!?
「判定」についての疑問というか賛否両論が!!


まあ、こういう意見が出て当然だとは思いますが、選ばれたジャッジが公平に採点した結果が判定であり、それに文句を言う必要はないかと私は思っています。


判定決着になるということは、どちらかといえば両者の力が拮抗したおり、どちらが勝ってもおかしくない勝負だったということですよね!?


明らかにどちらかが優勢な試合運びをしていれば、3Rで決着したことでしょうし、延長にまでもつれたんだから、ホントどっちが勝ったっておかしくないんですよ。


ましてや、ジャッジは私のような素人ではなく、プロがやっているわけで・・・


なので、私はジャッジを支持しているわけですが


それでも、文句を言いたくなる気持ちも分からなくはないですね。
野球やサッカーのように、目に見えて得点が入るような競技とは違い、格闘技は判定で決着した場合は不明瞭な部分が多いことも確かですからね。


でも、それを言ってしまえば、シンクロナイズドスイミングとか新体操のような競技は、ジャッジのさじ加減で順位が決定してしまう競技ですからね。


見ている素人にとっては、不明瞭なところが多過ぎだと思いますが、それでもジャッジに文句をいう人は、あまり見かけないですよね。


まあ、判定に賛否両論が出るということは、K−1MAXがそれだけ人気があり注目されているスポーツであるということの証明なんでしょうね。


と、キレイ事で片付けられては、「否」の意見をお持ちの方には申し訳かもしれませんが・・・


確かに今回の魔裟斗選手は、2試合ともダウンしました。
おそらく、この「ダウン」をどう採るか!?


ここが賛否両論の分かれ目だと思います。


ただの格闘技好きで格闘技経験のない私の意見ではありますが、魔裟斗選手はダウンこそしましたが、試合を見ていた限りではダウンを消し去ることの出来る後半の巻き返しがあったと思います。


ボクシングとは違いラウンド数の少ないK−1ですので、1ラウンドでの巻き返しで採点に大きな影響があっても不思議ではないと思います。


それに、今回の魔裟斗選手は、ジャッジを含めて見ている人を納得させるだけの気迫のこもったファイトをしていたように思います。


八百長とかK−1主催者の陰謀とか言われていますが、魔裟斗選手が勝ってK−1が儲かるのであれば、もっとラクなカードを組むはずですし、5年もの歳月をかけずにもっと短期間で優勝させることも出来たはずです。


今回の魔裟斗選手のK-1ワールドMAXでの優勝は、間違いなく魔裟斗選手の本人の実力と努力の賜物だと。


それを証明するかのように、佐藤嘉洋選手やアルトゥール・キシェンコ選手の試合後のコメントが潔いものであったことにも、とても好感がもてましたね。


負けた選手も、自分に実力が足りなかったということを潔く認めています。


はっきり言って、魔裟斗選手の完全勝利と思っても良いのではないでしょうか!?


賛否両論がはあるとは思いますが、魔裟斗選手の優勝によってK-1ワールドMAXが盛り上がったのは事実です。


私は、素直に魔裟斗選手に「おめでとう!」と言いたいです。
そして、「お疲れ様でした」と。


これからも、興奮するような試合を見せてほしいと思います。


それでは。


| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷亮子選手 「アンチ」が多いわけを考察

tani.gif


本日の「つきや日記」はすでにアップしてあるのですが、ブログ担当のワタクシが休日ということもあり、つきや日記番外編ということでオリンピック特番でも書いてみようかと・・・わーい(嬉しい顔)


普段の日記とは違い、全くお店とは関係のない記事になりますので、それなりに楽しんで下さい♪るんるん


さて、北京オリンピックが本格的に始まり、期待の日本人選手が続々と登場していますね。


ウエイトリフティングの三宅選手や柔道の平岡選手は残念でしたが、女子柔道の谷亮子選手はさすが!!ですね。exclamation×2


この記事をアップしている現在は準決勝を戦っているわけですが、是非とも勝利して金メダルを獲得して頂きたいものです。


と、ここまでは普通の応援ですが・・・
ここからは、かなり個人的!?それとも偏った意見になるかもしれません。ダッシュ(走り出すさま)


まあ、この記事を書こうと思った経緯についてはスタッフブログで書くとして・・・


本題にすすみましょう!!


ああーーーー!!exclamation×2
なんてことだーーーー!!exclamation×2


この記事を書いている最中に谷選手が、準決勝で敗退しました・・・
残念。。。バッド(下向き矢印)


まあ、記事の内容と結果は関係ありませんので、サクサクとすすめましょう。


谷選手がオリンピック代表に選ばれた時を思い出して下さい。
テレビやラジオ等の大きなメディアでは期待する声ばかりが目立ちましたが、雑誌やネットでは代表選考について大きな波紋を呼びましたね。むかっ(怒り)


「代表選考会で負けた選手を代表に選ぶのはおかしいのでは?」
「代表選考会を開く意味があるのか?」


ネットや雑誌では、このような批判的な意見が相次いでいました。


確かに!!
かなり納得できる意見ではあります。exclamation×2


しかし、代表を選んだ協会が妥当な判断を下したという意見も納得できないわけではありません。


谷亮子選手は、昨年に世界選手権で優勝しているなど、実績を見ると文句なしで世界の強豪相手に成績を残しているからです。わーい(嬉しい顔)


私自身は、谷選手が代表に選ばれようが、他の選手が代表に選ばれようが、選手自身が100%の力を発揮して、しかもメダルを取れれば「おめでとう」というスタンスですので、この裁定については何の不満もありません。ひらめき


それよりも私が着目したのは・・・
谷亮子選手に対する「アンチ」的な意見が多いことです。


まあ、単純に考えれば、国民的「ヒロイン」である宿命かもしれません。exclamation


しかし、アンチな意見はそれ以上にアンチなんです!!
そこでいろいろな比較をして、どうしてここまで谷亮子選手にアンチな意見が多いのか考えてみました。


まず、同じくオリンピック連覇を期待されながら代表選考で漏れてしまった野村選手について。


彼の場合は、代表選考で破れていますし、怪我で出遅れ、ここ数年は世界でも目立った成績を残してないことが落選の理由となりました。


しかし、オリンピック連覇という偉業を達成していながら、「実績不十分」という考え方はいかがなものか?
オリンピックという極度のプレッシャーに耐えられる精神力を持っている彼であれば、代表に選んでもそれなりの成績を残せるのでは?という考え方は出来なかっただろうか?


そうです、はっきり言って野村選手も十分に選考基準を満たしていると考えられるのです


ここで、谷亮子選手に対するアンチ的な意見が出る理由がひとつあります。


しかし、谷亮子選手には前年までの実績がありますので、アンチの大きな理由とはならないでしょう・・・exclamation×2


そこで次は、谷亮子選手以外の女性アスリートという点において比較してみましょう。


谷亮子選手のようにメダルを期待されている女性アスリートを今回の北京オリンピックで探してみます。


例えば、バドミントンの「オグシオ」。
ウエイトリフティングの三宅選手。
女子レスリングの全階級の選手。


有名なところでいえば、こういった選手達でしょうか?
しかし、今あげた選手に対するアンチ的な意見はほとんど聞かれません。


成績的には、レスリングの吉田選手を除けば、谷亮子選手と似たりよったりだと思うのですが・・・


バドミントンの「オグシオ」に至っては、小椋選手が怪我をしていたということもあってか、先日の日本選手権では敗れています。


また、レスリングの浜口選手に至っては、世界選手権でも「イマイチ!?」な成績が続いていますからね。


谷亮子選手以外の女性アスリートでも、世界レベルでメダルを口にするのは「???」と考えざるを得ない選手はいるわけです。


しかし、不思議なことに彼女達に批判めいた意見はめったに聞きません。


このような傾向からすれば、日本柔道界を長きにわたり引っ張ってきた谷亮子選手に、もっと好意的な意見が多くてもいいような気がしますが・・・グッド(上向き矢印)


ここまで、実績とか性別に関しての比較をしてきましたが、私の偏った考えで結論を出してみようと思います(笑)


谷亮子選手に「アンチ」が多いわけ。


結論

本人が「良し」として発言していることが謙虚ではない。

「ママでも金、谷でも金」等の発言を自分で言ってしまっていることから分かるように、謙虚な姿勢が感じられないのでは!?
自分に対するキャッチフレーズを自分で作ってしまうように、いつも自信に満ち溢れている姿に好感が持てないのではなかろうか・・・
極端に言ってしまえば、ボクシングの亀田一家に似た点があるということだと思うのですが・・・(まあ、谷選手の場合はもっと遠まわしな言い方をされていますが)


「勘違い!?」

若い頃から柔道界において注目を集めていましたが、自分をアイドルと勘違いしている節が時々見受けられるからでは!?
確かに、大会中に授乳とか、野球選手との結婚と何かと話題が多く、マスコミが取り上げるのには困らないほどネタが多い彼女ではありますが・・・
ちょっと「でしゃばり過ぎ」感は否めないか!?


ルックスがいけてない

バドミントンの「オグシオ」やビーチバレーの浅尾選手等、現在のスポーツ界には、実力・ルックス共に良し!!という女性アスリートが増えてきました。
実力もありながら、謙虚な姿勢で笑顔を振りまく彼女達に比べ、年齢的にもルックス的にも劣っている谷亮子選手の言動・活躍を良しとしない人が多いのかもしれない。


大まかに言って、以上の3点が大きな理由ではなかろうか!?
特に3つ目のウエイトは大きいと思うのはだけではないでしょう。



そこで・・・
もっと谷亮子選手に好意的な意見が多くなるようにするのにはどうしたらよいか?も勝手に考えてみました!!


YAWARAの主人公をもう少し「ブサイク」にしてみる

谷亮子選手を一躍国民的ヒロインにしたアニメ(漫画)の「YAWARA」の主人公をもっと普通以下のルックスにしてみるのはいかがでしょう!?
これで、女子柔道に対する見方が変わるかもしれません。
というより、女子柔道を色目で見る人が少なくなり、アスリートとしての女子柔道選手という認識が広く伝わるのでは?


「柔道」の実績をもっと前面に押し出した報道をする

まあ、これは報道のやり方にあるかと・・・
谷選手のライフスタイルとか、私生活における報道が多すぎるかと。
もっと柔道の実績に着目した報道だけで良いかと思うわけでして・・・
谷亮子選手の私生活に興味ある人なんていないでしょ!?
子育てとか、夫婦生活のことに触れすぎなんだと思うのですが。
柔道界の谷亮子だけを報道していれば、ここまでアンチな意見が出ていないような気がするのですが・・・


私が考えるのは、この2点です!!
まあ、いろいろ方のいろいろな意見はあると思うのですが・・・


先ほど、谷亮子選手が3位になりました。
銅メダル獲得です



日本人メダル獲得第一号ですね。
おめでとう」ございます!!exclamation×2


いろいろアンチな意見が多いかと思いますが、何だかんだ言ってもメダル獲得!!


やはり凄いですよ、谷亮子選手は。
まあ、かといって今日のニュースが谷亮子選手で持ちきりになるのは複雑な気分ですけどね。


長々と書きましたが、今日の番外編はここまでと致します。
また、何か思い浮かんだら書いてみようと思います。


それでは。







| 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。