スポーツ 狛江 お好み焼きダイニング「つきや」

ようこそお好み焼き「つきや」のブログへ!
左側のコンテンツからお好みの情報をクリックして下さい。
tukiya3.gif

更新履歴
10月16日 車カテゴリ更新
10月16日 つきや日記更新
10月15日 CM更新
10月15日 つきや日記更新
10月11日 つきや日記番外編更新
10月11日 つきや日記更新

プロ野球がつまらなくなったわけではない!

今シーズンのプロ野球も残り試合がわずかになってきました。
セ・リーグは未だ優勝の行方が見えず、巨人阪神によるデッドヒートが続いていますね。


さて、先日の天王山「巨人対阪神」の視聴率が発表されました。
そこで、興味深い記事がありましたので紹介させて頂きます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000000-maiall-base


この記事で注目すべきは、「巨人戦の視聴率は長期低落傾向にあり、今シーズンの平均視聴率は9.6%(1日現在)と一ケタだったが」という1文です。


巨人戦の視聴率の低下は、プロ野球の人気低迷とも取れる文章だと思いませんか!?


しかし!


巨人戦の視聴率が下がっているのは、視聴者が巨人戦を見なくなったのではなく、実は別の方法で巨人戦を見ているからだという見方も出来るのではないでしょうか?


最近は、一般の家庭でもCS放送というものが普及しています。
WOWOWとかスポーツアイとかGAORAとか・・・


契約さえしていれば、数十のチャンネルを観ることが出来るテレビ放送です。


このCS放送に、「G+」というチャンネルがあるのはご存知でしょうか!?


G+」は、日本テレビ系のスポーツ放送のほとんどを見ることの出来るCS放送です。


この「G+」で、巨人戦は試合終了まで観戦することが出来るんですね。


さらにCM放送時間も民放に比べて短いので、いらいらすることなく野球観戦を楽しめるわけです。


問題は、この「G+」の加入者なんですが、これが意外に多いんですよ。


地域のケーブルテレビ加入の時に、すでにパックとして組み込まれていたりもするようで、何気に人気のあるCS放送だそうです。


ということは・・・


巨人ファンが「G+」で野球中継を見ているとしたら!?
民放での巨人戦の視聴率が下がるのは当然のことなんですよ。


さらに言えば、ケーブルテレビの普及によって各チームの野球中継が最後まで見れる地域が多くなったという事実もあります。


今までは、巨人戦しか見れなかったのが、今では応援しているチームの試合を最後まで見ることの出来るチャンネルが多くなったのです。


野球は巨人ファンばかりとは限りませんので、野球中継だけでも視聴率が分散されるようになったんですね。


テレビのチャンネル数の増加によって、視聴率全体が分散傾向にあるということです。


なので、巨人の人気が無くなったとか、プロ野球人気に陰りが出てきているというのは嘘ではないにしろ、「大げさ」な見方だと思うのです。


最近は、ドラマやバラエティ番組にしても、20%を超えるような番組は滅多にありませんし、テレビ業界全体を見ても視聴率が落ち込んでいることは明白です。


何もプロ野球だけが、視聴率が悪いわけではないのです。
それは、最近のテレビ業界の不振をみれば分かることですよ。


私が言いたいのは、プロ野球ファンとして、野球がつまらなくなっているということを否定したいのです。


確かに、王さんや長嶋さんがいた全盛期に比べたら、スター選手の数が減ったようにも思います。


しかし、今ではメジャーで活躍するイチロー選手や松阪大輔選手がいるじゃないですか!!


日本のプロ野球のレベルは確実に進歩していますし、プロ野球選手を目指す子供だって、昔に比べて減ったわけではないと思うのです。


そりゃ、趣味の多様化によってサッカーとかバスケットとか、日本でも新しいプロスポーツが誕生していますよ。


それでもプロ野球の集客力って、何だかんだ言ってもトップじゃないですか!!


Jリーグで優勝が決まって日本中に経済効果を起こすことは出来ませんが、プロ野球の優勝が決まると、そのチームの地域以外でも経済効果が起こるのは、まだまだ日本のプロスポーツのトップは野球にあるということの証明ではないかと思うのです。


はっきり言います。
まだまだプロ野球は面白い!!


これからも、もっと面白くなると思いますし、レベルだって向上すると思います。


巨人戦での視聴率だけで、プロ野球の人気を判断するような記事の書き方はやめてほしいと思います。


視聴率が下がっている背景をはっきり調べて、それでプロ野球人気が低迷しているという事実があるのであればしょうがないですけど・・・


まあ、それでも私はプロ野球を注目してみるでしょうけど。


ちなみに私は、広島カープのファンです。


実はアンチ巨人だったりもしますが、プロ野球の人気が低迷しているような誤解を与える記事に、ちょっと複雑な思いがあって、このような意見を書かせて頂きました。


ペナントレースも大詰めですね。
セ・リーグの優勝はどのチームなのか?


また、日本シリーズはどこが制するのか!?


まだまだ楽しみは続きそうです。


それでは。


| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王貞治監督がWBC監督を断る本当の理由とは?

巨人渡辺恒雄球団会長がWBCの監督に現ソフトバンクホークス王貞治監督を熱望しているというニュースが流れました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000185-jij-spo


つい最近まで、「WBCは星野!」と公言していたはずの渡辺恒雄会長ですが、まあ、いつものバカ発言として聞き流すとして、今回は王貞治監督がWBCの監督を断らなければならない理由について言及してみようと思います。


ペナントレースも終盤戦に差し掛かりましたが、ソフトバンクのクライマックスシリーズ出場は、今のところ微妙ですね。(9月11日現在)


そんなパッとしない成績も影響してか、王貞治監督の表情も日に日に険しくなるばかりです。


そんな王貞治監督ですが、WBCの監督要請を固辞しなければならない理由があることをご存知でしょうか?


私は、仕事でソフトバンクホークスの選手や関係者と接する機会が多いため、王貞治監督の現状についても耳にすることが多いのですが・・・


王貞治監督は、本人もおっしゃっているとおり、体調面での心配が大き過ぎます。


どういうことかと言いますと、王貞治監督はガンで胃を摘出しているために食事がほとんど出来ない状態なんです。


テレビで見る王貞治監督が、どんどん痩せていくのは、そのためなんですね。


当然、抗がん剤による治療や、薬による栄養補給は行っていますが、それでも体力がかなり落ちているのです。


渡辺恒雄会長が、「ワンちゃんのがんなんて大したことない」と暴言を吐いていましたが、決してたいしたことがない状態ではないでんす!!


本当は、ペナントレースを戦っているのでさえも厳しい状態であるのにも関わらず、WBCという大きなプレッシャーのかかる試合で監督として采配を揮えるほどの体力が、今の王貞治監督には残っていないのです。



今年限りで、ソフトバンクの監督も退任するという噂もありますが、おそらくその噂も、王貞治監督の体力面を考えれば事実でしょう。


ペナントレースが終わって、WBCまでしばらく時間はありますが、準備期間を含めれば、休める時間なんて知れています。


王貞治監督は、自分の体力の限界を知っているからこそ、WBCの監督を引き受けるわけにはいかないのです。


シーズン中ということもあり、王貞治監督の体調のことは、あまり公にはなりませんが、相当ガタがきていることは確かです。


それは、ソフトバンクの選手や関係者の方が見て分かるほどですので、王貞治監督本人は相当つらい思いをされているではないかと思いますが・・・


WBCの監督が誰になるのか、未だ見えてきません。


日本の宝である王貞治監督に引き受けてほしい気持ちはありますが、今回ばかりは無理かと。


個人的な意見ですが、王貞治監督にはゆっくりと休んで頂きたいと思います。


WBCの監督を断っても、ファンが文句を言おうとも、事情を知っている人であれば誰も文句は言わないと思います。


王貞治監督がダメでも、日本には名将と呼ばれるあの人がいるではありませんか!!


私は個人的に、野村監督にWBCの監督をやってほしいなと思っていますよ。


野村ジャパン。
なんか面白そうじゃないですか!?


誰が監督になろうとも、WBCで日本の2連覇に期待ですね!!


それにしても、ナベツネって、日本の野球をダメにしているのは、この人が原因なような気がするのは私だけでしょうか?




| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野ジャパン 米国戦にみた無気力試合!?

ネットやスポーツ紙では、田中将大投手の珍プレーが話題になっている。


確かに、滅多に見られないプレーだけにニュースになって然りである。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080821-00000012-sanspo-spo


しかし!!


この試合、見ていて物足りなさを感じた人はいなかったでしょうか?
同時間帯に放送されていたソフトボールの3位決定戦と比べると一目瞭然。



競技が違うので、比較するのがおかしいと言われればそれまでですが・・・


それでも、ソフトボールの選手のほうが、プレーひとつひとつひ気迫が篭っていたように見えた。


相手投手をにらめつけるバッターの目つき、打球に喰らいついていく野手の動き・・・


どのプレーをとってみても、米国戦の星野ジャパンのプレーは緩慢に見えてしまった。


どうしても勝とう!!という気迫が感じられなかった・・・


hosij.gif



メダルのかかったソフトボールの試合と比べるとなると、試合を見ている私達の気分もまた違っているはずなので、一概に「無気力」という表現をするのはおかしいかもしれない。


では、予選初戦のキューバ戦と比べるとどうだろうか・・・!?


米国戦の星野ジャパンは、明らかに何か違っていたはずである。


さて、私が何を言いたいのか?ですが・・・


昨日の米国戦では、両軍とも予選突破が決定しており、いわば「消化試合」だったということが私達の目に無気力と映ってしまった原因ではなかろうか?ということ。


そして、オリンピックという真剣勝負の舞台に「消化試合」になるようなゲームがあって良いのだろうか?と言うことである。


米国戦に限って言えば、勝てばキューバ戦、負ければ韓国戦という、何とも複雑な背景を持っていた試合でした。


星野ジャパンからみれば、アジア予選で勝っている韓国との対戦のほうが、より負けるリスクを抑えられると踏んでいたのではなかろうか?


だから・・・


わざと負けたという表現はしたくはないが、そう捉えられても仕方ない試合、それが米国戦だったように思えてならない。


金メダルを取るための作戦といわれるかもしれない。
作戦であれば、それはそれで良しである。


しかし、何度も負けながら最後に勝って金メダルというのは、オリンピックという祭典の舞台では、あまり好ましくないような気がしてならない。


もちろん、星野ジャパンが金メダルを取ったら嬉しいですよ!!


でも、私が見たかったのは、駆け引きなしに強い野球をする星野ジャパンだった


確かに米国戦は「消化試合」だったかもしれません。


しかし、マイナーリーグの選手中心で構成されている米国であれば、あれだけの選手を揃えた星野ジャパンであれば、もっと楽に試合を進められたはず。


消化試合であれ、オリンピックという舞台で無気力な試合を見せられたことに、私は少々戸惑ってます・・・


これから決勝トーナメントが始まります。
勝っても負けても、気迫の篭ったしびれるゲームを期待しています!!



頑張れ星野ジャパン。
| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野口みずき選手 五輪マラソン欠場に批判があることについて

お店が休みということで、つきや日記番外編でも書こうかと・・・わーい(嬉しい顔)


テーマは、北京オリンピック女子マラソンの野口みずき選手が欠場することについてです。


いつもながら、ここからの記事は、私の独断ですので・・・
偏った意見もあろうかと思いますが、大目にみてやって下さい。ひらめき


野口みずき選手、マラソン欠場・・・


noguti.gif


非常に残念。
声を大にして、非常に残念。


金メダルを狙える選手だけに、野口みずき選手の欠場は悔やまれます。ただ、それは我々応援する側の思い・・・バッド(下向き矢印)


おそらく野口みずき選手は、この4年間猛練習を積み、オリンピック2連覇という「夢」を叶えるために相当の猛練習を積んだことでしょう。


一番悔しい思いをしているのは、他でもありません。
野口みずき選手本人でしょう。



そして、野口みずき選手の2連覇の夢を支えてきた、監督・コーチ・スタッフの皆様だと思います。


しかし!!
多くの国民と、野口みずき選手・関係者が落胆しているなか・・・


なんと野口みずき選手を批判しているブログ記事や掲示板への書き込みを多数見つけてしまったのです。たらーっ(汗)


「記者会見開いて、国民に謝罪しろ!」
「スタッフは、何をやっているのか?選手の管理も出来ないのか?」
「怪我してるなら、もっと早く欠場しろ!補欠の選手が可愛そうだ」
etc・・・


残念だ。
残念でならぬ。
バッド(下向き矢印)


野口みずき選手に対してではなく、こういった意見があることに思った私の感想です。


確かに、金メダルを取れる実力のある選手だけに期待が大きいのは分かります。


そういった批判の声があってもおかしくはないかもしれません。
彼らの言いたいことも納得は出来ますよ。


でも・・・
やっぱりひどいよ


野口みずき選手は、オリンピックという陸上選手が目指す最高の舞台に立つために、ギリギリの猛練習をしてきたんですよ。


「ギリギリ」のです。
それだけやらないと、オリンピックで勝てないからです。


ギリギリの練習だけに、体が限界を超えてしまった。
はっきり言って、プロだからこその怪我をしたのだと思います。


スタッフだって一緒です。
北京で勝つための「ギリギリ」の練習をスケジュールを組んだわけです。


それを野口みずき選手に批判を浴びせたり、スタッフに責任を押し付けるのはいかがなものかと・・・exclamation&question


私は、お好み焼き屋以外の仕事で、プロスポーツ選手に帯同する仕事をしているから分かるのですが、プロスポーツ選手で余裕を持って練習しているアスリートなんていませんよ。


いたとしても、2軍とか3流の選手だと思います。
一流のアスリートは、練習から常にギリギリです。


確かに結果第一主義のスポーツ界ではあります
しかし、野口みずき選手は、出場したレースでは結果を残してきたわけじゃないですか。


補欠の選手が可愛そうだとも思いません。
だって、選考レースで負けているわけですから。


ましてや、マラソンなんて普通の人間じゃ出来ない超人的なスポーツですから!!もし、自分でやってみろと言われても簡単に出来るわけじゃないですから!!


私は、そんな野口みずき選手を批判することはできません。
そして、彼女を支えてきたスタッフの方々もです。


おそらく、ネットに書き込んでいるユーザーの方は、野口みずき選手に対して相当大きな期待をしていた方ばかりだと思います。


期待の大きさが辛辣な言葉となり批判になったのだと思います。
皆、野口みずき選手を応援していた・・・


批判することが悪いとは思いません。
野口みずき選手ほどの一流アスリートになると、批判がないことのほうが不思議かもしれません。むかっ(怒り)


それでも、誰が悪いとか、謝罪しろ!?なんて言わずに、今後の野口みずき選手を応援しましょうよ。


幸い、オリンピックの女子マラソンには、あと2人も出場できる選手がいるじゃないですか!!


2人を力いっぱい応援しましょうよ。exclamation×2


オリンピックに限らず、競馬界でも同じようなことがありますよね。
出場予定だった競走馬が病気や怪我で直前に出場を取り消すことが・・・


でも、馬に対して「管理が悪い」とか、「謝罪しろ!」って言う人はいませんよね。


だって、競争中に怪我して予後不良になったら・・・
馬が殺されたり、走れなくなることはファンにとって何よりも悲しい出来事のはず。


今回の野口みずき選手が競馬と同じかと言えば、それは違いますが、オリンピックに出場して無様な結果を残したり、選手生命を脅かす結果となったら・・・


これって、応援していた私達を一番裏切ることじゃないですか?


野口陣営がとった結果は、間違っていない。
今は怪我をしっかり治して、また元気な姿を見せてほしいと。


今回、野口みずき選手を批判した記事に対しては、もっと、思いやりをもった応援をしてほしかった。


ポータルサイトも、普通のスポーツ記事の下とか、見やすいところにこういった応援の記事を載せて欲しくなかった・・・


全く、個人的な意見だけどね。
できれば目にしたくない書き込みだったから。


私は、女子マラソンの2人を力いっぱい応援します。
そして、復帰した野口みずき選手も応援します。


そして、全てのアスリートに自分の力を精一杯だして欲しいと思います。


頑張れニッポン!!exclamation×2
頑張れ、野口みずき!!exclamation×2exclamation×2
| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。