阪神・岡田彰布監督が辞任・・・ 「若かりし頃の岡田選手」CM 狛江 お好み焼きダイニング「つきや」

ようこそお好み焼き「つきや」のブログへ!
左側のコンテンツからお好みの情報をクリックして下さい。
tukiya3.gif

更新履歴
10月16日 車カテゴリ更新
10月16日 つきや日記更新
10月15日 CM更新
10月15日 つきや日記更新
10月11日 つきや日記番外編更新
10月11日 つきや日記更新

阪神・岡田彰布監督が辞任・・・ 「若かりし頃の岡田選手」CM

阪神岡田彰布監督の辞任が決まりましたね。


今シーズンのペナントレースで巨人に大逆転劇を許した責任を取っての辞任です。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000178-jij-spo


残念といえば残念ですが、当たり前といえば当たり前でしょうか?
岡田彰布監督の采配って、実は好きになれませんでした、私。もうやだ〜(悲しい顔)


JFKという阪神の勝利の方程式ともいえる投手リレーを完成させたのは見事だと思いますが、投手陣にかける負担が多すぎたように思えます。


これは、阪神の投手から直接聞いた話なのですが、シーズン終了が迫る中で生き残るのは、抑えが確立されているチームではなく、先発陣が確立されているチームだと・・・


どういうことかと言いますと、抑えの投手が充実しているチームには限界があるということらしいです。


中継ぎ以降の投手は、いつ投げてもいいように毎日のようにブルペンに立ちます。


先発投手は、あらかじめ決められた日に向けて調整していけば言い訳です。


つまり、シーズン終了に向かっていけば行くほど、抑え以降の投手は、スタミナの消費が激しくなり、球質に影響が出るということです。


昨年は、JFKが見事にシーズンを乗り切りましたが、今年は昨年の無理が祟ってか、久保田投手やウィリアムス投手は怪我に泣かされてしまいましたよね!?


これが、どちらかといえば先発陣の揃っていた巨人と抑え投手中心だった阪神の差ではないかと思うわけです。ひらめき


抑え以降の投手は、投げるイニングは少ないとはいえ、ブルペンに入って投げる球数は先発投手並みにこなして肩を作るといいますから、極端な言い方をすれば、毎日先発投手並みに肩を使っていることになりますからね。たらーっ(汗)


阪神の投手陣がシーズン中盤から失速したのも頷ける話ではありますが・・・


そこらへんの問題を解決しようしなかった!?岡田彰布監督の責任は重いかと思ってしまうわけです。


まあ、まだクライマックスシリーズがあるだけに、日本一の可能性があるわけで、このタイミングでの辞任発表は何とも言えませんが・・・


後任人事のこともあるので、岡田彰布監督なりの阪神球団への気遣いだとは思いますが。exclamation&question


もしも、阪神が日本一になって岡田彰布監督留任なんてことにはならないのでしょうか!?


まあ、いらぬ心配だとは思いますが。わーい(嬉しい顔)


私は別に阪神ファンではないのですが、興味本位に次期監督をやってほしいと思う人を挙げてみようと思います。ひらめき


阪神の黄金期を知る人物がいいですね!!


真弓明信氏なんてどうでしょうか?
ラジオでの阪神贔屓は相当のものですし、解説も実に分かりやすいです。


そして、しっかりとした野球理論があり、阪神の黄金期を支えた大スター選手だったことが真弓明信氏を選んだ理由です。


うーん。
真弓明信氏の阪神のユニフォーム姿がもう一度見たいと思っているのは私だけではないはず・・・


どんな結果になろうとも、来シーズンの阪神の指揮をとる人物には注目ですね!!


あれあれ、岡田彰布監督から話がそれてしまいましたが・・・


岡田彰布監督って、阪神の監督になってから、あまり笑顔を見せていませんが、意外にお茶目だったりするんですよ。


阪神ファンの間で伝説になっているエピソードでは、選手時代に飲み屋のお姉さんをホテルに誘ったら、実はそのお姉さんがオカマだったとか(笑)


今の岡田彰布監督からは、想像できないエピソードですよね!?


また、関西地区で有名な「サンガリア」のCMでもお茶目な顔を覗かせていました。


今回は、そのCMの動画を紹介します。






いかがですか?
かなり笑えませんか!?


私は笑いました!!
こんなお茶目な岡田彰布監督って・・・


まだシーズンは終了していませんが、とりあえず岡田彰布監督おつかれさまでした。


また、プロ野球界に戻って来られることを期待しています。


それでは。


| CM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。